LA250Sキャスト|ナビ取付け・IG電源・車速信号

キャスト

こんにちはナビ太郎です、LA250Sキャストにナビゲーションを取り付け、車速、リバース、パーキング、ステアリングスイッチ情報、IG電源、シフトノブ取り外し方などやっていきます。

キャストナビ取り付け

パナソニックナビゲーション

Panasonic CNーRE06WD

TOYOTA、DAIHATSU、オーディオハーネス10P6P

TOYOTA、DAIHATSU、オーディオハーネス10P6P

オーディオハーネス

ナビのハーネスとオーディオハーネスの接続。

ハーネス

ブルコンのバックカメラ接続ユニットも接続、取付け説明書を参考に。

オーディオパネル取り外し方

キャスト内装

キャストのオーディオパネルのツメはそれほど硬くないので、慎重に作業を進めれば難しくないと思います。

★ナビ太郎・使用工具一覧

オーディオパネル

①画像のように手前のオーディオパネルを内張りはがしなどで手前に引いて取り外します。傷が心配な方は手でも取り出し可能です。

オーディオパネル

②ある程度パネルを浮かせれたら、全体的に少しずつ浮かせるとキレイに取り外せます。

オーディオパネル

③手前のオーディオパネルを取り外した画像です。

オーディオパネル

④オーディオパネル後ろ側のカバーの取り外し方は、上に向かって取り外します。

オーディオパネル

⑤すこし取り外しにくいですが、ここも全体的に浮かせて取り外します。

注意、ダッシュボードに傷が入らないように、慎重に作業してください。

カバー

オーディオパネル後ろ側のカバーの裏側の画像です、ツメに向きを要確認。

常時電源、アクセサリー電源情報

車両10P6Pオーディオコネクタ

この白いコネクタが、車両10P6Pオーディオコネクタ。

車両10Pオーディオコネクタ
トヨタ・ダイハツ10ピンカプラー

この車両10Pオーディオカプラーに、常時電源アクセサリー電源(ACC)が来ているので、画像の位置から、ドライブレコーダーやETCの常時電源とACC電源の取り出しが可能

注意、必ず作業者自身でテスターなどで確認後接続してください。

車速・リバース・パーキング情報

五ピンコネクター

車両5Pコネクタ、このねずみ色のコネクタに車速、バック、パーキングの信号がきています。 

五ピンコネクター
トヨタ・ダイハツ5ピンカプラー配線図

ダイハツ5ピンカプラー配線図

五ピンコネクター

画像の位置にナビの車速・リバース・パーキング線を接続してください。

車速、リバースの配線接続に不安な方、もしくは面倒な方は車速配線カプラーを使用するとギボシで簡単接続できます。

注意

ナビ側パーキング線は車両金属部、ナビ本体などにボディーアースすると走行中にテレビなどが映ってしまい危険な為、車両サイドブレーキ線に接続してください。

注意、必ず作業者自身でテスターなどで確認後接続してください。

ステアリングスイッチ情報

20Pコネクター

この車両20Pのコネクターに、ナビのステアリングスイッチの信号を接続します。

20Pのコネクター
ダイハツ20ピンオプションカプラー

ダイハツ20ピンオプションカプラーにSTSW1、STSW2、SWGNDを接続。

20Pのコネクター

今回はブルコンのバックカメラ接続ユニットを取り付けるので、ユニットでの接続になります。

フロントピラー(Aピラー)の内張りの取り外し方

フロントピラー

①はじめに、ウェザーストリップを手前に引いて取り外します。

ウェザーストリップ

②これくらい取り外せばOK。

フロントピラー

③内張りはがしなどを使用して矢印方向に取り外します。

フロントピラー

④慣れている方なら軍手着用で手で取り出しも可能。クリップ3カ所を解除してください。

フロントピラー

⑤サイドクリップ解除後、最後はフロントピラー内張りを上側に引いて取り外します。

フロントピラー裏側

⑥フロントピラー内張り裏側の画像です。

スマートアシストカバーの取り外し方

スマアシカバー

画像矢印方向に軽く押すと取り外せます。フロントガラスに沿ってください。

スマアシカバー

クリップの構造上、いきなり緩む感じがあるので、手で添えて慎重に取り外してください落下に注意。

スマアシカバー

クリップの方向、要確認。

スマアシ

画像丸印の部分にクリップが入っていました。

車両側の部品を破損するとフロントガラス交換になり高額なので、心配な方はスマアシのカバーは取り外さずにカバーの隙間に配線を差し込んで入れていけばよいよ。もしくは運転席側の配線は運転席側に取り回すのもありかな?とにかく注意して作業してね。

地デジアンテナ取り付け
地デジアンテナ

この車両はじめから2本地デジのアンテナが取り付けてあたので、流用しました。

★純正ナビ装着用アップグレードパック装備車

地デジコネクター

パナソニックの地デジと同じコネクター、3本きているので、(1本はリア)テスターでチェック。このテープが貼ってあるコネクターでした。車両ごとに違う可能性があるので、流用の際は自己責任でチェックしてから使用してください。

グローブボックスの取り外し方

グローブボックス

助手席手前のグローブボックスを取り外していきます。

グローブボックスダンパー

①はじめに向かって左側面についている、ダンパーを矢印方向に取り外します。

グローブボックス

グローブボックス本体のサイドを内側に押し込んで下部にして取り外します。

グローブボックス

③サイドのツメが解除できたらこれくらい下側にすると取り外せます。

グローブボックス裏側

④グローブボックス裏側の画像です、構造を理解した上で作業をしてください。

シフトノブ、エアコンのコントロールパネルの取り外し方

キャストシフトノブ

バックカメラ接続ユニット、ブルコンAV-C35接続時にIG電源を接続する為、シフトノブを取り外しエアコンのコントロールパネルを取り外します。

注意 ダイハツ パノラマモニター対応カメラ装着車での作業です。

シフトロックを解除してシフトをニュートラルくらいの位置にすると作業がしやすいと思います。

注意 必ず平らな場所でサイドブレーキを引き、輪止めなど車が動かないように注意して作業してください。

キャストシフトノブ

シフトノブを下げたら、マイナスドライバーなどでシフト下の部品を矢印方向にして取り外します。

シフト部品

取り外した部品、このような構造になっています。

キャストシフトノブ

下の部品取り出すと、金具のクリップがあるので取り外していきます。

キャストシフトノブ

矢印方向にマイナスドライバーで取り外します。

注意 小さい部品なので紛失注意。

キャストシフトノブ部品

この様なクリップです。

キャストシフトノブ

クリップを取り外せたら、あとはシフトノブを矢印方向引くと取り外せます。

ノブ

こんな感じですね、棒の方にグリスがたっぷり塗ってあるので、服などに付かない様に気をつけてください。

ノブ

クリップは、ノブにセットしておくと無くさずに済むと思います。

パネル

シフトノブが取り外せたら、エアコンのコントロールパネルを取り外せます。

パネル

傷が心配な方は手で、気合で引っ張ってください。

パネル

これくらい浮かせたら、全体的に浮かせてください。

コネクター

ちょっと狭いですが画像のコネクターを抜いてください。

IGコネクター

この画像のコネクターも抜いてください。

注意

コネクターを抜いた状態で電源をいれるとチェックランプがついてしまうので、注意しくてださい、テスターがないと消せないことがあります。

パネル裏側

エアコンコントロールパネルの裏側の画像です。

IG電源取り出し

IG電源

エアコンのコントロールパネルを取り外した時のコネクター内にIG電源がきています。

IG電源

画像の位置にのIG電源の配線を延長して割り込ませました。付属の配線では届かない。あまった配線がない方はナビのパーキングやバック信号線のあまりで接続がいいと思います。

バックカメラ接続ユニット・ブルコンAV-C35の切替スイッチ取り付け

キャスト運転席

画像矢印のように、配線ガイドなどを使用して切替スイッチをもってきます。

注意 コードがステアリングなどに干渉しないように取り回してください。

切替スイッチ

こんな感じで取り付け。

コネクター

バックカメラ接続ユニット・ブルコンAV-C35を車両20Pに接続。

配線

各種接続完了。

ナビ取り付け

ナビ

ナビのステーは画像の矢印部分がツライチになるようにセットするとキレイに収まります。

ナビ

下部もこんな感じで、ステーの画像を撮り忘れました、すまん。

オーディオパネル

パネルを取り付けるとこんな感じで収まります。

オーディオパネル

取り付け完了。

各種設定
ナビ画面

ステアリングスイッチ、各スイッチ長押しで設定。

ナビ画面

システム設定、車両設定、軽車両。

ナビ画面

バックカメラ取り付け車両なので、カメラ割り込みON。

ナビ画面

車両信号情報、各信号をチェック

パノラマ映像

パノラマモニター見やすいですね。

パノラマ映像

切替で各カメラの映像を。

キャストリア画像

完成、お疲れさまです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました