LA650S・660Sタント|前後2カメラドラレコ取付け

L650sタント

こんにちはナビ太郎です、今回はLA650S・660Sタントに前後ドラレコ取付け、配線図、ヒューズ電源・アクセサリー電源、、各パネルの取り外し等も解説。タントの電源取り出しはオーディオ裏、ヒューズボックスなどから、とてもスムーズに各電源が取り出せます、あとはリアカメラ取り付け時の蛇腹付近がちょっと難易度が高いですかね?ではよろしくお願いします。

ZDRー015 前後2カメラドライブレコーダー

ZDRー015 前後2カメラドライブレコーダー

ZDRー015 前後2カメラドライブレコーダー

内容物

エーモン電源ソケット

エーモン電源ソケット

ドライブレコーダーリアカメラの取り付け方法

タントバックドア

作業性を優先するとバックドアから作業をするのが作業性がよいので、バックドアからやっていきます。ご自身のやりやすい場所からはじめてください。

ハイマウント

ハイマウントのカバーを10mmのボックスで取り外します。

ハイマウント

ハイマウントのコネクタも取り外します。

バックドア

画像のように下準備。

天井

バックドア側後方、天井のクリップも取り外します。

クリップ

内張りはがしなどを使用して画像のように取り外します。天井に傷、凹みが入らないように慎重に作業を進めてください。

クリップ

取り外されたクリップの構造です。

クリップ

天井後方サイドにある大きめのクリップです。このクリップは手でも取り外せます。

ウェザーストリップ

バックドアのウェザーストリップを軽く浮かせます。ゴムをちぎらないように慎重に、あと確かウェザーストリップ裏側にブチルが塗ってあった記憶が?ブチルが塗ってあると垂れたりして天井や内張りが汚れてしまうのでより気をつけて作業を進めてください。

バックドア蛇腹のバラし方

バックドアの蛇腹

天井側の下準備が完了したら、バックドアの蛇腹部分をバラしていきます。

バックドアの蛇腹

蛇腹のゴムをちぎらないように細いマイナスドライバーなどで、めくっていきます。

バックドアの蛇腹

バックドア側の部品、 3箇所ツメをピッキングツールなどで内側に押し込んで取り外します。奥側がちょっと難しいですね。

バックドアの蛇腹

サイドから見た画像です、このような構造になっています。

バックドアの蛇腹

車両側の蛇腹のゴムもめくって取り外していきます。

バックドア部品

天井に皺がよらないように、下げると画像にある、このような部品があります。

バックドア部品

かなり取り外しにくいです、このような構造,3か所ツメになっています。

バックドア部品

先ほどの部品が取り外せるとあとは上部からの作業になります。

バックドア部品

この部品は4か所ツメになっています。

バックドア部品

横から見るとこのような構造。

リアカメラピンコードの取り回し方

ピンコード

ピンコードスタート位置バックドア側天井からドライブレコーダーピンコードを通していきます。

注意 ピンコード各所トンネル注意

ゴム蛇腹

先ほど取り外した部品の中にピンコードを通します。

ゴム蛇腹

続いて、ゴム蛇腹内を通します、配線ガイドなど使用して通します。

注意

注意 ゴムの蛇腹に傷、亀裂など入れないように作業してください、雨漏りの原因なります。

蛇腹ゴムイメージ図
蛇腹ゴム内配線通しイメージ図

ピンコードを蛇腹ゴム内に通しにくい場合はパーツクリーナーで滑りをよくしてやると通しやすいです。CRCなど油を吹く方もいますが、ベトベトになってしまうので、使用後乾いてくれるパーツクリーナーがオススメ。

コネクタ

バックドア側のコネクタも画像のように取り外します、ここのコネクタは始めに取り外しておいた方が作業しやすいです、編集上ここでの説明ですが、このタイミングより先に取り外しを。

コネクタ

これくらいズラす感じでOK。

バックドア

ゴムの蛇腹を無事にピンコードを通せたら、ハイマウント側にピンコードを通していきます。

バックドア

ここも配線ガイドなどを使用するとスムーズに通せると思います。

ハイマウント

今回は取付け位置の指定があった為、ハイマウントにリアカメラを取り付けました。リアカメラはお好きな所に取付けてください。

ハイマウント

ハイマウントLED部分にコードがかからないように注意してください、コードバタ付き防止でスポンジテープで固定。

ハイマウント

このようにリアカメラ取り付け。

リアカメラ

リアカメラ取付け完了。

リアカメラピンコードバックドア側からフロント側に

天井

車両後方天井にあまっているピンコードをフロントカメラ側にもっていきます。

クォーター内張り

内張りと天井の隙間にピンコードを入れていきます。

トリム

マイナスドライバーや内張りはがしを使用してピンコードを入れていくと作業が進みます。

トリム

地味な作業ですがコツコツと。

ウェザーストリップ

スライドドアは、ウェザーストリップ取り外しての作業になります。

内張り

フロントドアも同じように、ウェザーを取り外します。

内装

エアーバックに干渉しないように通してください。車両側にピンコードを貼り付けるとエアーバックの邪魔になりません。

内装

こちら側にスポンジテープで固定。

フロントピラー(Aピラー)内張りの取り外し方

フロントピラー(Aピラー)

ウェザーストリップを矢印側に引いてある程度取り外します。

フロントピラー(Aピラー)

ウェザーストリップ取り出し後、ピラーのトリムを矢印側に引いてクリップを途中まで解除します。

フロントピラー(Aピラー)

変わった形のクリップの為、ラジオペンチなど半回転まわして取り外します。

クリップ

このような構造になっています。

クリップ

このように半回転まわすと内張りが取り外せる構造になっています。

クリップ

このクリップ内張りはがしなどで取り外し可能。

クリップ

このような構造になっています。

クリップ

ツメが2箇所あります。

内張り

ピラー内張り取付け時は内張にセットしてから、はめてやるとすんなり取付けれます。

内張り

内張り裏側の画像です、この穴にクリップが入っていました。

内張り

フロントピラー内張り下部の部品。

内張り

上側に引いて取り外します。

トリム

結構食い込むツメに形状をしています。

ダッシュ

フロントピラー内張り最後は上に引いて取外します。

クリップ

内張り他のクリップ。

クリップ

ちょっと硬めのクリップですね。

グローブボックスの取り外し方

グローブボックス

助手席正面グローブボックスを取り外していきます。

グローブボックス

サイドを矢印側に押し込んで下側にしてグローブボックスを取り外します。

グローブボックス

画像奥側に引っ掛けが見えます、これを内側にして取り外します。

ヒューズボックス電源取り出し 常時電源・アクセサリー・ACC電源

グローブボックス

グローブボックス裏側の矢印部分にヒューズボックスがあります。

ヒューズの明細グローブボックス裏側(画像丸印)もしくは車両取り扱い説明書に明記されています。

ヒューズ
TAIL10A           常時電源
DOME10A         常時電源

P/OUTLET15A  アクセサリー電源(ACC)
ACC10A            アクセサリー電源(ACC)

注意、必ずご自身でテスターなどで確認後、接続してください

ヒューズボックス

ヒューズボックスから各電源が取り出せます。

注意、必ずご自身でテスターなどで確認後、接続してください

オーディオパネルの取外し方

オーディオパネル

タントのオーディオパネルは比較的やわらかめのクリップで止まっているので取り外しやすい部類に入ると思います。

オーディオパネル

画像のように手前のオーディオパネルを手前に引いて取り外します。傷が心配な方は手でも取り出し可能です。

オーディオパネル

問題なく取り外せると思います。

オーディオパネル後ろ側のカバーを

続いて、オーディオパネル後ろ側のカバーを取り外します、上に向かって押す感じで取り外します。

オーディオパネル後ろ側のカバーを

全体的に上に向かって押してください。

オーディオパネル後ろ側のカバーを

オーディオパネル後ろ側のカバーの裏側の画像です、ツメに向き、構造を要確認。

ナビ

オーディオパネル、カバー取り外し完了

ステー

サイドにプラスのネジ計4本で取付けてあります。

オーディオ・ナビ裏・常時電源、アクセサリー電源情報

ナビ裏

車両10pコネクタ、ここから常時電源アクセサリー電源が取り出せます。ちょっとわかりにくいですが、コネクタ右下手前2本が電源ケーブル。

コネクタ
トヨタ10ピンコネクタ

ドライブレコーダー電源ケーブル取り回し方

内装

オーディオ・ナビ裏から電源を取り出した場合、エーモン電源ソケットを画像の矢印方向に。

ピンコード

グローブボックス裏まで、エーモン電源ソケットをもってきたら、ドライブレコーダー付属の電源コードをエーモンに接続してフロントドライブレコーダーまで電源コードをもっていきます。

ヒューズボックスから電源を取り出した方もグローブボックス裏から電源コードを取り回します。

助手席

配線ガイドを使用してダッシュ裏を通していきます。

助手席

そこまで狭くないので通しやすいと思います。

ピラー

電源コードをフロントカメラに接続後はエアーバックなどに干渉しないようにタイラップなどで固定してください。

タント内装

青矢印はリア〜フロントカメラピンコード赤矢印は電源コード

ドラレコ

ワイパーが拭きる位置にドライブレコーダーを貼り付け。

フロントガラス取り付け位置
フロントガラスドライブレコーダー取り付け位置図

注意 付属の取付け説明書を参考に保安基準に沿うよう取付けてください。

グローブボックスアンダーカバー取外し
グローブボックスアンダーカバー

電源コードなど収納するのに便利な場所、アンダーカバーは下側に引いてから手前に引いて取り外します。

グローブボックスアンダーカバー

アンダーカバー裏側の構造です、手前のツメは上側、奥にあるツメは水平になっています。

ヒューズボックス エアコン

余った配線、コード類はアンダーカバーもしくはキックパネル裏側にお好みで固定してください。

ドレレコ

前後2カメラドライブレコーダー取付け完了。

タントリア

お疲れ様、最後までありがとうございました。もしすこしでも参考になったなら、コメント欄にいいね、よろしくね。

コメント