ヤリス|前後2カメラドラレコ取り付け

ヤリス

こんにちは、ナビ太郎です、今回はヤリス(KSP210/MXPA/MXPH )の前後2カメラドライブレコーダーの取り付け方を説明、その他、配線図、ヒューズ電源・アクセサリー電源、オプションコネクタ、各パネルの取り外し等も解説。このカローラツーリングの電源取り出しはオプションコネクタを使用すると、とてもスムーズに各電源が取り出せますが、オプションカプラーの位置が作業しずらい場所にあるので心配な方はヒューズから電源を取り出す方法もあります。あとはリアカメラ取り付け時の蛇腹付近がちょっと難易度が高いですかね?ではよろしくお願いします。

ドライブレコーダー

ドラレコ
ZDR016 前後2カメラドライブレコーダー
電源ソケット
エーモン 電源ソケット

ドライブレコーダーリアカメラの取り付け方法

ヤリス リアハッチ

作業性を優先するとバックドアから作業をするのが作業性がよいので、バックドアからやっていきます。ご自身のやりやすい場所からはじめてください。

ハイマウント
ハイマウント
フタ

リアハッチ上部のハイマウントを取り外します、画像2箇所マイナスドライバーなどで蓋を取り外してください。

ハイマウント
ハイマウント
ハイマウント

蓋が外れたら10mmのボックスなどでネジを取り外します、ネジでカバー丸印部分が広がる構造になっています。

バックドア蛇腹のバラし方

蛇腹のゴム
蛇腹のゴム

蛇腹のゴムをちぎらないように細いマイナスドライバーなどで、ゴム部分を丁寧にめくっていきます。

蛇腹のゴム
蛇腹のゴム

続いて上側の蛇腹部品を取り外します4箇所ツメがあります、奥側が外しにくいですがピッキングツールなどを使用して慎重に作業を進めてください。

蛇腹のゴム
部品

ツメは画像のような形状をしています。ツメを内側に押して部品を引き下げます。

蛇腹のゴム
蛇腹のゴム

下側の蛇腹ゴムを取り外し、上部と同じ要領で取り外してください。

蛇腹のゴム

下部の蛇腹部品も4箇所ツメがあります。

リアカメラピンコードの取り回し方

天井
クリップ

バックドア側後方、天井のクリップを取り外します、画像のように内張りはがしなどで下側に引いてやると取り外せますが、天井に傷、折り目などつけないように慎重に作業を進めてください。

ウェザーストリップ

バックドアウェザーストリップを軽く浮かせます

ピンコード

ピンコードスタート位置

ピンコード
配線ガイド

天井隙間から先ほど取り外した蛇腹下部にドライブレコーダーのリアカメラピンコードを配線ガイドなどを使用してもってきます。

下部の蛇腹部品にピンコードを通したら配線ガイドなどを使用して蛇腹ゴム内を通します。

ピンコードを蛇腹ゴム内に通しにくい場合はパーツクリーナーで滑りをよくしてやると通しやすいです。CRCなど油を吹く方もいますが、ベトベトになってしまうので、使用後乾いてくれるパーツクリーナーがオススメ。

蛇腹
蛇腹
ピンコード

上部の蛇腹部品に通してリアハッチ内を通します、ハイマウント開口部までピンコードをもってきます

注意

蛇腹ゴムに傷、亀裂など入れないように慎重に作業を進めてください、作業終了後、必ず蛇腹ゴムがしっかり取り付けられているが再度確認してください。雨漏り注意。

リアカメラ
リアハッチ

しっかり脱脂をしてリアカメラを貼り付けてください、なぜかこのリアカメラの両面テープ高確率で剥がれます。

リアカメラ
リアカメラ

あとでリアカメラの位置を変更できるようにすこし余裕をもって配線を束ねておきました、ハイマウントのLED部分にピンコードがかからないように取り付けてください。

リアカメラピンコードバックドア側からフロント側に

バックドア

車両後方天井にあまっているピンコードをフロントカメラ側にもっていきます。

ピンコード
ピンコード

画像点線方向にピンコードを天井内張り内に通します。

内張り
ウェザーストリップ

天井内張りとリアクォーター内張りの隙間にピンコードをマイナスドライバーなどを使用して入れていきます。リアドア、ウェザーストリップをある程度取り外しておきます。

Bピラー
Bピラー

フロント助手席側ドアのウェザーストリップもある程度取外し、画像Bピラーは少しピンコードが通しにくいので、配線ガイドなどを使用して通していきます

フロントピラー(Aピラー)内張りの取り外し方

フロントピラー(Aピラー)

ウェザーストリップを矢印側に引いてある程度取り外します

フロントピラー(Aピラー)

ピラーのトリムを矢印側に引いてクリップを途中まで解除します。

クリップ

異形クリップを車体側のツメ2箇所を押しながら引いて取り外します。

フロントピラー(Aピラー)

クリップが取り外せたら内張りを上側に引いて取り外します。

ツィーター
ツィーター
ツィーター

ツィーターが付いていたので画像矢印部分を押してツィーターを取り外します。

クリップ
クリップ
クリップ

謎のクリップこのような構造になっています。

トリム

トリム下側は普通のクリップ。

Apira-

内張り取り外し後のAピラー。

クリップ
内張り

内張り取り付け時はあらかじめに、ツィーターと謎のクリップをトリムにセット後、取り付けるとスムーズに取り付けれます。

グローブボックスの取り外し方

グローブボックス

助手席正面グローブボックスを取り外していきます。

グローブボックス

サイド奥側のツメを内側に押し込んで解除します。サイドのツメ解除後、グローブボックス本体を下側にすると取り外せます

グローブボックス
グローブボックス

グローブボックス裏側の画像です、このような構造になっています。

オプションコネクタ電源取り出し

グローブボックス

グローブボックス取り出し後、矢印方向を覗きこむとトヨタ13Pオプションカプラーがあります。

オプションコネクタ
オプションコネクタ

画像丸印の所にありますが、テープで巻かれているので配線を切らないように取り出してください。

トヨタ13ピンオプションコネクタ
トヨタ 13ピンオプションコネクタ
トヨタ13ピンオプションカプラー

11黄線-アクセサリー電源5/13茶線・白線-常時電源9白黒線-アース12水色線-IG4青線-イルミ2赤線-ドア開時0V

注意

必ず作業者がテスターなどで確認後、接続してください

トヨタ13ピンオプションコネクタ

このオプションコネクタ11番黄線がアクセサリー電源(ACC)、通常アクセサリー電源は赤線のイメージがあるので間違わないようにしてください。あとこのコネクタの常時電源は5番茶線です。

トヨタ13ピンオプションコネクタ
トヨタ13ピンオプションコネクタ

電源接続後オプションカプラーを元の位置に固定して、グローブボックスなどに引っかからないようにしてください、点線のようにドラレコの電源(エーモン電源ソケット)を配線しました。

電源ソケット
電源ソケット
アース

エーモン電源ソケットをドライブレコーダー付属のシガーソケットオスをセットします。電源ソケットのアースはオプションコネクタに接続してもよいのですが今回は画像丸印の位置にアースしました。

ヤリス内装

シガーソケットオス(電源コード)をグローブボックス側からドライブレコーダー本体側にもっていきます。

助手席
電源コード
電源コード

ここは通しにくいので、いつもの配線ガイドを使用。

ヒューズボックス電源取り出し 常時電源・アクセサリー・ACC電源

アンダーカバー
アンダーカバー

ヒューズボックス電源取り出し、まずグローブボックス下部のアンダーカバーを取り外します、カバー手前に3箇所ツメがあるので、そのツメを解除してカバーを手前に引くと取り外せます

アンダーカバー
アンダーカバー

アンダーカバー裏側の画像です。カバー奥側は差し込みタイプになっています。

ヒューズボックス

下部から覗くとヒューズボックスのカバーがあるのでロックを解除してカバーを取り外してください。

ヒューズボックス

カバーにヒューズの明細がプリントされています。

ヒューズボックス
ヤリス ヒューズボックス
ヒューズボックス電源

RADIO-20A常時電源DOOR R/R-20A常時電源P/OUTLET NO.1-15Aアクセサリー電源USB NO.1-7.5Aアクセサリー電源

注意

必ず作業者がテスターなどで確認後、接続してください

フロントドライブレコーダー

リアカメラからのピンコードと電源コードをフロントドライブレコーダーに接続して取り付け完了。

ドライブレコーダーフロントガラス取り付け位置
ヤリス リア

お疲れさまです、最後までながながとお付き合いありがとうございました。

コメント